オイラにひとこと言わせろよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 見通しの甘い経営者たち・・・

<<   作成日時 : 2017/02/04 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

沙諸島問題で対立を深めて、フィリピンの主要輸出品であるバナナを禁輸とした。アメリカのTHAAD配備を国内に受け入れた韓国に中国人観光客が来なくなった。尖閣諸島沖で違法操業していた漁船が海上保安庁の船と衝突したらレアアースの輸入が制限されてしまった。

最近ではアパホテル。南京事件はなかったという本を置いてあるというだけで中国の旅行会社が宿泊先としてアパホテルを使わなくなった・・・などなど。中国政府に対立する相手となれば直ぐさま政府の意向に沿った行動をとらされる国の人民に何の期待をしてるのかのぉ。
中国人客が激減、お土産店が悲鳴「理由はわからない、春節後の見通し立たず」

1月27日から始まった中国の旧正月にあたる「春節」休暇は、2日で幕を閉じるが、山梨県の富士北麓エリアでは宿泊施設や土産物店から「客数が激減した」「爆買いがなくなった」と悲鳴が上がっている。

県によると、中国人の宿泊者数は昨年10月、前年同月比49%減の3万4640人と3年2カ月ぶりにマイナスに転じ、11月も3万820人(同32%減)と落ち込みが続いている。春節期間中、日帰り客も多い大規模施設では例年並みに集客を確保したものの、“爆買い”を含め、中国人の姿はめっきり減っている。関係者は今後もこの傾向が続くのか、気をもんでいる。

まぁ、これは日中間の対立が原因でなく、単に日本での買い物に飽きただけだと思うけどよ。いつ何時、政府の意向で来なくなる可能性のある客を当てにしてる経営者は失格ですな。

中国人はボーナス程度に考えて、ちょうど良いと思うぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見通しの甘い経営者たち・・・ オイラにひとこと言わせろよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる