オイラにひとこと言わせろよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 常識のない年寄り・・・

<<   作成日時 : 2018/04/11 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ビジネス会話では自社と他社の呼称がたくさんあって自社の場合には「弊社」「当社」とへりくだり、他社の場合は「貴社」「御社」と敬った表現をする。日常会話でも自分の家族には「愚息」「愚女」「愚妻」とへりくだり、相手には「ご子息」「ご令嬢」「賢妻」などと持ち上げたりする。

同じことを表していても自己と他者で表現を変えなきゃならんって日本語はホンマに面倒くさい。
「敬老者が乗車します」置き紙で電車席16人分を占拠

宮城県内のJR東北本線で、電車の中の座席の上に老人クラブのグループ名で「席をお譲り下さい」との置き紙があったと、ツイッターで疑問や批判が相次ぐ炎上状態になっている。

同連合会の事務局長によると、グループのメンバー1人が電車内に置き紙をしたことを認めた。置き紙は、座席の座部に載せてあり、A4判ぐらいの白い紙に大きな字で印刷されていた。

「次の駅から、敬老者が16名乗車します」。置き紙には、こう書かれており、前の駅で乗ったグループのメンバーが座席に貼り付け、「場所取り」をしたらしい。

老人自ら「敬老者」って年寄りのクセして言葉の使い方を知らん、若者の言葉が乱れてると言われてるけど仕方ないわ、これでは。

公共交通機関を花見の場所取りと同じく考えてる、レベルの低い年寄りらしい言葉遣いですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
常識のない年寄り・・・ オイラにひとこと言わせろよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる