オイラにひとこと言わせろよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 弾道ミサイルが打ち込まれたら・・・

<<   作成日時 : 2017/04/24 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

空襲警報が鳴れば、目標となる明かりが漏れるのを防ぐために電灯に覆いを被せて暗くする。それから窓枠など光が外に漏れてる部分を目張りする・・・これが「灯火管制」といわれる、初期の対応。それが完了すれば防空ずきんを被って、防空壕に避難。そこで警報解除の知らせを待つのである。

政府が北朝鮮からの弾道ミサイルが日本国内に落下した場合を想定した対処方法を公表した。その内容がコレ・・・
屋外にいるときは「できるだけ頑丈な建物や地下街に避難する」
避難場所がないときは「物陰に身を隠し、地面に伏せ頭部を守る」
屋内にいる場合は「できれば窓のない部屋へ移動する」
ドアホ こんな事で命が守れるなら、誰も苦労せんわ。

70数年前と核の時代になった現代との違いは空襲警報がサイレンからJアラートになっただけで、対処法はまったく進歩がないじゃないか。要は撃たれたら終わりってことだろ、そうならハッキリと「撃たれたら最期」と言ってくれた方がええわ。

こんなオイラにも死ぬ覚悟や準備があるんだよ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弾道ミサイルが打ち込まれたら・・・ オイラにひとこと言わせろよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる