オイラにひとこと言わせろよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国は法治国家ではない・・・

<<   作成日時 : 2017/01/21 08:21   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

全く司法についての知識はないけれど、裁判というのは検事・弁護士双方がそれぞれ証拠を持ち寄って検事は被告人を有罪にするために、弁護士は依頼主である被告人を無罪もしくは罪を軽くするために働いて、それにより裁判官が被告人の罰を決めるものと理解している。

したがって、出された証拠で事実認定がされなければ罪を犯していても証拠不十分で無罪になることもあるのだ。でもよぉ・・・
韓国、ソウル市日本人女児強姦事件に判決 一転無罪へ

16日、ソウル市裁判所にて日本人女児を強姦したとして起訴されたイ・ムヒョンに判決が下され、一審の判決を覆す無罪が言い渡された。

事件は2000年に日本から観光を目的として訪れた四人連れ家族のうち、11歳と9歳の姉妹がムヒョンに強姦されたというもの。当時、家族はソウル市内のデパートを訪れている最中での犯行だった。ムヒョンはデパートの中で迷っていた姉妹を発見すると、二人の手を引いて非常階段へと連れ出し、そこで刃物で脅しながら姉妹を強姦した。
デパートの従業員が全裸で泣きじゃくる姉妹を発見し、防犯カメラからの映像を元にして逮捕へとつながった。

裁判は「ムヒョンが本当に強姦事件を行ったかどうかについて防犯カメラ以外に証拠がない」として、犯人は別にいると主張する弁護士と、「状況からムヒョン以外に犯人は存在しえない」と主張する検察が真っ向から対立する構図となっていた。

キム・ジュン裁判長は「被告が真の犯人である可能性は極めて高く、他に犯人がいるとは考えられないが、被害者が日本に帰国したため罪を無理に罰する必要もなく、無罪が妥当と考えられる」と述べた。

女児を強姦したという事実を認めているのに被害者が日本に帰国したからと無罪ってことには成らないだろう、ふつう。

韓国が日本の植民地時代のデタラメな歴史による反日教育によって、日本人に対しては「何をやっても許される」と国民感情が司法の判決に影響を及ぼしているのは知ってるけれど・・・ムチャクチャですわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この件を世界に向けて発信すべき。
韓国がどんな国かよくわかる。
Ran
2017/01/25 23:53
デマでしたね。(汗
Ran
2017/01/27 12:26
え、えぇー・・・デマだったの?
それを信じてエントリーしてしまって恥ずかしい。

韓国であれば、日本人に対してあり得ると思ってしまったわ。
おいら
2017/01/27 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国は法治国家ではない・・・ オイラにひとこと言わせろよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる