オイラにひとこと言わせろよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物病院に感謝・・・

<<   作成日時 : 2016/12/28 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一縷の望みをかけてネット検索で出てくる病院に片っ端に電話をしまくったものの、祭日ということもあって何処も留守番電話。そこに横で調べていた嫁が祭日でもやっている病院を見つけ出して、すぐに電話をかけてようやくつながった。

失礼ながら挨拶もなしに「犬が車にぶつかってしまった」といきなり要件に入ったら「すぐ来て下さい、どれくらいで来られますか」とのこと。事故の一報を聞いてから30分後のことだった。直ぐさま家にある現金をかき集めて病院に向かったのである。その道中、ベルルを抱いた嫁が「ベルちゃん、ごめんね」と何度も謝りながら泣いていた。

病院に着いて玄関に飛び込んで「先ほど電話したものです」と受付に告げるとベルルを抱いて診察室に入っていった。待合室で待ってると、獣医さんが神妙な面持ちで診察室から出てきてオイラ達を招きいれた。「残念ですが・・・外傷はないけれど体内のあばら骨が内臓に刺さってて、事故後すぐに治療しててもダメだったでしょう」とのこと。覚悟はしてたが、これでベルルの死が現実のものとなった。

涙が出るのをグッ!と堪えて診察費を払おうとすると・・・「今回はいらない」という。初めての客が、休日にそれも待合室で待っていた人をすっ飛ばして最優先で診察してくれたのに、そんな訳にはいかないから請求してくれと言っても「今回は結構です」というばかり・・・その場でお礼を言って自宅に戻ったのだった。

お世話になった病院に早くお礼に伺わなければと、気になっているものの年末の繁忙期で仕事に追われて時間が取れずに5日が経った。ようやく午後から時間が空いたので茶菓子を持ってお礼に伺ったのだけど、午後から休診で玄関のカーテンが降りていた。そこに偶然中から人が出てきて事情を話したら待合室に招かれた。

対応してくれた受付や獣医は居らずに待機している人が出てきたのでお礼を言ったわけだが、当時ことが頭に浮かんでもうダメ。言葉に詰まって言いたい事の1割も言えないまま、病院を後にした。

感謝の気持ちが伝わってれば、いいのだけど・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
動物病院に感謝・・・ オイラにひとこと言わせろよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる