オイラにひとこと言わせろよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国とイタリアは思考が似ている・・・

<<   作成日時 : 2008/10/09 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

第二次世界大戦時、イタリアはドイツ・日本とで三国同盟を結んで共に戦った。それが戦況が悪くなるとムッソリーニを解任、とっとと降伏して何故か連合国に参加、大戦終了時にはイタリアは戦勝国として日本やドイツに賠償金を請求した。

日本の植民地だった韓国は第二次世界大戦を日本と共に戦った。ところが日本が降伏した途端、自分たちを「戦勝国民である」と勝手に位置づけて対日戦勝国として戦争賠償金を求めた。日本は韓国に対し経済援助という名目で韓国に無償、有償という形で当時3,5億ドルの国家予算しかなかった韓国に対し8億ドルを渡した。両国とも半島の国家で機を見るに敏で、勝ち馬に乗るのが得意でよう似てるわ・・・

そして・・・
「ノーベル賞日本に盗まれた」 伊学会が物理学賞に異議

「ノーベル賞を日本に盗まれた」−。今年のノーベル物理学賞受賞が決まった日本の3人のうち、小林誠、益川敏英両氏への授賞にイタリアの物理学会が反発している。両氏の理論の基礎をつくったとされるローマ大のニコラ・カビボ教授(73)が同時に選ばれなかったためだ。同国の主要紙が8日、一斉に伝えた。

カビボ氏が受賞を逃したことについては、英科学誌のほか、世界最大の素粒子実験施設「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」を建設した欧州合同原子核研究所(CERN)の研究者らからも疑問の声が上がっているという。

小林、益川両氏は1973年、素粒子のクォークは少なくとも6種類あり、互いに変身し合うとの「小林・益川理論」を発表したが、カビボ氏はこれに先立つ63年に同理論の基礎となる考えを提唱。物理学会では「カビボ・小林・益川理論」と3人の名を冠して呼ばれることがあるという。

イタリア物理学会のリッチ会長は「カビボ氏が理論の基本的部分の発見に貢献した。今回の決定は理解できない」と話した。だが、カビボ氏自身は何のコメントもしていない。

気にくわなければ文句を言えばどうにかなる、という思いこみもそっくりでんな。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、韓国とイタリア良く似てますね。
と言うことは、差し詰め日本とイギリスも
似てるのかなぁ。。。
ところで、凡人の自分には一体なんの研究だか
よくわかりませんが、益川先生には男を感じました。
自分の受賞は、「大してうれしくない」と言ったと
思えば、南部先生も受賞したと聞けば大泣き。。。
人の為にこれほど感情を出せるとは。。。
久しぶりに良いものを見た気がしました。
葡萄
2008/10/11 09:25
同じ島国ということで大陸から文化を学んだ、とか外敵の侵入を受けなかった、などというところは似ているけど性格はどうなのかなぁ?

今回のノーベル賞は日本人として誇らしく感じますね。
おいら
2008/10/11 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国とイタリアは思考が似ている・・・ オイラにひとこと言わせろよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる